美容部員になるにはどうすればいいの?

美容部員になるにはどうすればいいの?

女性なら最低でも一度はお世話になったことがある美容部員は、ビューティアドバイザー・ビューティコンサルタント・ビューティカウンセラーといった名前で呼ばれることがあります。
美容に興味がある方であれば、美容部員の仕事をしたいと思う方もいるでしょう。
仕事内容や就職の仕方をご説明します。

■美容部員の主な仕事
美容部員といえば、カウンターでスキンケアやお化粧を施してくれる人といったイメージが強いかもしれません。
実際は売るためのサービスであって、商品を売るのが仕事です。

販売成績(ノルマ)は給与に反映されるので、サービスから販売につなげる力が強い方がステップアップしていけます。
固定客をつかむことも重要な仕事です。

■美容部員になる方法
美容部員には特別な資格が必要ありません。
知識があれば生かせることは確かですが、大抵はメーカーの商品を売るので商品の知識が必要なのです。
美容部員には研修をしてから現場に立たせるので、知識が少ない方を採用される傾向にあります。
余計な知識を持っているよりは、何も知らない方が教育しやすいためです。

■就職の仕方
メーカーの社員になる方法があります。。
ブランドごとで募集されていることが多いですが、メーカーの一社員にならないと美容部員にはなれません。
ただし、配属先は就職後に決定するので、確実に美容部員として働けるとは限りません。

化粧品専門店への就職もあります。
さまざまなブランドの知識が必要ですが、お客様の悩みに応じた商品を売りたい方は化粧品専門店への就職がお勧めです。

百貨店(デパート)の販売員として募集している美容部員に応募する方法もあります。
確実に美容部員の仕事をしたい方にはお勧めです。

派遣社員としての働き方もあります。
時給で働くので給与は上がっていきませんが、時間を決めて働きたい方にお勧めです。

    人気サイトのリンク集

  • パーティや結婚式の参列などに華やかな訪問着のレンタルを考えているならレンタル衣装マイセレクトはいかがでしょうか。伝統的なデザインと若い世代の感性を取り入れたものまで幅広く商品を取り揃えており、全国送料無料でレンタルできるので。

Copyright(C) 美容まとめガイド All Rights Reserved.