美容師の仕事内容ってどんなもの?

美容師の仕事内容ってどんなもの?

私たちの生活と切っては切れないもののなかに、美容室という存在があります。
カリスマ美容師と言われている方もいるくらいで、美容師に憧れる方も多いのではないでしょうか?
髪を切ることがメインの仕事になりますが、実際の仕事内容は幅広い職業です。

■接客術を身に付ける
美容師は国家資格ですが、仕事の8割は接客術にかかっています。
美容室のなかでトップに立つ方も髪が切れないアシスタントの方も、お客様とのコミュニケーションが築けなければいけません。

■ひたすら勉強の日々
美容師の資格は厚生労働省が指定する美容師養成施設を卒業した後に、美容師の国家試験を受ける必要があります。
無事に国家資格を取得して就職をしても、すぐに髪を切らせてもらえません。
最初は先輩たちのアシスタントをしながら、ひたすら練習の日々が続きます。
仕事が終わった後はカットの練習をしたり、シャンプーの練習をしたり、ひたすら勉強の日々が続くのです。
髪を切るようになっても、技術向上のために勉強は欠かせません。

■体力を使う仕事
立ち仕事がキツイと言われることもありますが、実際には同じ体勢での仕事が続くので体に負担が掛かります。
腰や肘を痛める方も多いので、休日には体のメンテナンスが重要です。
カラーリングやパーマに使用する液で、手が荒れてしまう方もいます。
休憩を取る暇がほとんどないので食事ができず、体調を整えるのが難しいです。

■販売スキルが必要
美容室ではヘアケア商品や美容商品を扱っているところが多いです。
お客様に気持ち良く購入していただくような、さりげない販売スキルも身に付けなければなりません。

■市場調査が必要
休みは週に一度という美容室が多いですが、短い休みのなかでも市場調査は必要です。
流行の髪型・他の美容室の動向・ヘアケア商品や美容商品の調査など、仕事に付随する情報をチェックする必要があります。

大変な仕事だなということが見て分かりますが、自分のサービスをお客様に認められることが目に見えるサービス業はなかなかありません。
美容師のスタートは大変なことが多いですが、大きな夢を持って働いている方はたくさんいます。

    人気サイトのリンク集

  • 人生の節目節目で訪れる大切な記念日を鮮やかに彩ってくれる着物のレンタルを考えているならレンタル衣装マイセレクトはいかがでしょうか。日本の女性らしさを演出する様々な種類の商品が揃っているので、満足いく一日を演出してくれる事間違いなし!

Copyright(C) 美容まとめガイド All Rights Reserved.